健康経営優良法人に認定されました

株式会社カサマの提案する“健康経営のすすめ”

健康経営 実践ブログ
新しい大家族経営を目指して

■取組事例

最近注目されている健康経営、世界的なIT企業 グーグル社では社員に対して、
睡眠のとり方、血糖値のコントロール、身体によい食事などを指導することで積極的に社員の健康に関与し、 優秀な社員がより創造的に活動し、ハードな仕事と暮らしが健全に成り立つよう様々なトライをしています。 
  その一方で、目先の仕事に追いかけられがちな中小企業が積極的に健康経営の取組みを始めています。 
共通点は「 社員がいきいき元気に働いてくれることが一番大事 」という経営者の思いと
「 ホントに身体にいいと実感できたら継続できる 」
 そのユニークな取組みを紹介します。

昼寝もOK!  昼休みが3時間も!! 

大阪市中央区のITベンチャーの(株)ヒューゴは、なんと昼休みが3時間。
長い休憩時間は、昼寝よし、娯楽よし、トレーニングよし、何をしてもOK。
それでも業績はしっかりと伸び続けている。代表の中田社長は「 我々の仕事はアイデアと集中力が必要な仕事が中心。
心身ともにリフレッシュして、仕事に着手することでより良い仕事をしてもらうことが最も重要と考えています 」

  株式会社ヒューゴ
URL : http://www.hugoinc.us/ 
電話番号 : 06-4866-5556 (代表) 
午後1時~4時はシエスタ制度で留守番電話。

経営会議はヨガ体操で終わる!参加者は全員ヨガ部の部員?! 

トラック運送事業を行う大阪府高槻市の㈱宮田運輸では、毎月1回開催する「みらい会議」で、 ヨガ部の活動を行う。
みらい会議は自主参加の経営会議で、「これからの自分たちの会社をみんなで考える」 ことを目的とし、ヨガ体操で「やわらかい考え方は柔軟な身体から」を実践している。
同社では子供達の絵をトラックにラッピングした「こどもミュージアムトラック」を展開。
宮田社長は「 心身ともに健康な状態こそ安全運転につながる 」と信じている。

  株式会社宮田運輸
URL : http://www.miyata-unyu.co.jp/
電話番号 : 072-677-3949


家族との絆を深める健康経営

家族との絆を深める健康経営 
大阪市淀川区の化粧缶・美術印刷缶 製造販売業の善友金属(株)では、砂川専務が「何が大事って、 まず健康。
健康やないとお客様や職場の仲間のことを気づかえませんやん 」と健康経営をスタート。 ブルーベリーのフルーツ酢を会社の費用で、全社員に毎月1本プレゼント。家に持ち帰ると家族と一緒に飲めて、 それをきっかけに健康の会話が始まる。 
健康のベースは身体によい生活習慣。それには、家族の協力が不可欠。
健康経営が家族のつながりを深めている。

 善友金属株式会社  
URL : http://www.zenyu-kinzoku.co.jp/index.html
電話番号 : 06-6309-4031

■Q&A

Q1

『健康経営宣言』ってどんな宣言をすればいいのですか?

A

必要な内容は下記の2点です。
①なぜ、健康経営をするのか、経緯あるいは目的意義をのべる。
②『健康経営宣言』をする。
これだけです。その文章が出来たら従業員に提示し、ウェブサイトに記載する。
これにて完了です。

Q2

『健康経営リーダー』はどんな基準で選んだらいいのでしょうか?

A

まず健康に関して前向きに取組みたいと意欲ある方。
具体的には総務部門の方で仲間の為にお世話を焼ける方、が適任かと思われます。

Q3

かかる経費は何費になりますか?

A

福利厚生費として計上できます。
利益のでている会社にはメリットがあります。

Q4

どんな取組みでも構わないのでしょうか?

A

はい。構いません。
従業員の皆様が楽しくかつ継続的に取組め、健康アップできるものであればOKです。

Q5

健康経営を導入する際、どうしても管理型になりがちではありませんか?

A

トップの方の想いと、リーダーの前向きさがあれば従業員の方もどんどん主体的に
アクションされます。
もちろん導入時点の工夫は必要ですので、何なりとご相談ください。

お問合せはこちらから

このページのトップへ戻る