健康経営優良法人に認定されました

株式会社カサマの提案する“健康経営のすすめ”

健康経営 実践ブログ
新しい大家族経営を目指して

■どうして今、健康経営を始めたほうがいいの?

人出不足の時代、
優秀な人材はなかなか自社に来てくれるもんじゃない。
どんな経営者もそう実感していると思います。
まず今いてくれている従業員のみんなが元気に頑張ってくれること、 いい会社だと心から思ってくれること。
それが一番大事なことだとお気づきなのでは。
その思いを形にしたのが「 健康経営 」です。

株式会社カサマ 代表取締役 笠間カサマ  ツトム

そして、これから入社してくれる求職者の皆さんには、
自分たちを大事にしてくれる会社なんだ。
家族的なつながりっていいなぁ。
この会社なら自分も頑張れそう。

そう思ってもらえるのも「 健康経営 」のよさです。

そういう意味で健康経営は、
どんな人にも好意的に受け留めてもらえる。
そして、自分ごととして主体的に取り組んでもらえる。
そんな経営手法です。


日本商工会議所「人手不足への対応に関する調査」2015

 

■なぜカサマが健康経営の導入支援をするのか。

健康経営と一口で言っても、その方法は山ほどあります。

行政が考えるものはどうしても数値管理に重きを置いた、
管理型の手法をとりがちです。

「 また新しい管理が始まった。。。」

せっかく従業員の皆さんに喜んでもらえるよう
健康経営を始めるのに、そう思われたら台無しですよね。
また、上場企業や大きな会社ができる健康経営のプログラムと、 中小企業が実直に取り組める内容とは違って当然です。

私自身、従業員30人の中小企業の社長であります。
自分自身で健康経営をやってみて、あるいは知り合いの会社にやってもらって、
「 本当にこれはいいね。 」
「 楽しいから続けられるよ。 」
という健康経営の手法をお薦めしたいと思っております。

それが長期的に見ればその会社の風土にあった手法であり、
長くやれば確実に成果が出て、従業員さんが元気になり、
結果、会社もよくなると信じているからです。

このページのトップへ戻る

「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商法です。