健康づくりリーダーの任命と第一回健康経営ミーティング招集 | 健康経営実践ブログ
健康経営優良法人に認定されました

株式会社カサマの提案する“健康経営コンサルティング”

メール
お問い合わせ
みんなが健康に頑張ってくれることが一番大事。その思いの形が健康経営です

健康づくりリーダーの任命と第一回健康経営ミーティング招集

前回のブログ、「 健康経営宣言を社内に通達する時のコツ 」にて、

従業員の皆さんに「 健康経営をスタートするぞ!!」という宣言は出来ました。

そこで、宣言をすると同時に進行すべきアクションが二つあります。

1)健康づくりリーダーの任命  と

2)第一回健康経営ミーティングを招集することです。

まず、健康づくりリーダーの任命ですが、健康経営優良法人の認定基準からしますと、各事業所に最低一名とありますので、本社だけの会社なら、健康づくりリーダーが一名でよいかというとそうではありません。

下記の点を留意して健康づくりリーダーを任命してください。

① 各部署に一名は必須です。

例えば、総務部に一名、営業に一名、生産に一名という感じです。各部署一名が難しい場合は、最低でも各フロアに一名は必要です。 なぜかというと、健康経営を具体的に進める、つまりは健康プログラムを進めるのは、健康づくりリーダーであり、従業員全員に隈なく活動がいきわたるかどうかは、ひとえに健康づくりリーダーの実践力にあるからです。 又、部署の人数が多く、リーダーが一人では目が届かない、あるいは、ちょっと重荷になってしまう場合は副リーダーをあらかじめ設定してお互いに助け合えるチームをつくっておいたほうがスムーズに進行します。

② 健康づくりリーダーの役割は下記の通りです。

1)健康情報の発信と伝達

2)健康プログラムの推進と進捗管理

3)健康経営ミーティングで上記の報告を行い、改善案を提案する。

③ 健康づくりリーダーは健康意識の高い方が適任ですが、逆に、健康診断で問題を指摘されている方がリーダー役を担う中で、健康の大切さに気づくこともあります。

自分の属すチームメンバーの健康を配慮できる方がよいでしょう。

上記のような視点から、経営者自らが

健康づくりリーダーを任命し、

第一回健康経営ミーティングの招集をします。

さあ、いよいよ健康経営のスタートです!!

新着記事

お問合せはこちらから