先行き不透明な今、生き残りの戦略は健康経営から | 健康経営実践ブログ
健康経営優良法人に認定されました

株式会社カサマの提案する“健康経営コンサルティング”

メール
お問い合わせ
みんなが健康に頑張ってくれることが一番大事。その思いの形が健康経営です

先行き不透明な今、生き残りの戦略は健康経営から

コロナ禍がいつまで続くかわからない。

そして、世の中がどちらに進むか見通しが立たない。

多くの経営者があてどない不安感を抱いています。

目の前の課題に対処しながら、

局面局面で方向性を探るしかない。

いわゆる、「出たとこ勝負」にどうしてもなってしまう。

 

いつもは強気だけれど、

正直、この先 どうなるかわからない...

 

せめて、こんな時は従業員と心を一つにして、

これから起こるであろう大変化に、

一致団結して、みんなで立ち向かっていきたい。

未曾有の不況がひたひたと近づく今、

そう願うのも当然です。

会社存続の危機は内部崩壊から起こることを

経営者なら知っているからです。

 

そんな時、大切なのが全従業員の身心の健康。

 

まずは、社長の健康が何といっても第一です。

強いストレスは身心をむしばみます。

いかに不安に苛まれないか。平常心でいられるか。

まずはそこが問われます。

 

そして、経営幹部、部課長、現場スタッフ。

みんなの健康が大事です。

身心に曇りがあれば、目の前の課題に集中できない。

お客様の変化に、そして仲間の悩みに気づくことができないからです。

 

先行き不透明な今こそ、生き残りをかけるには社内の絆が大前提。

それには健康経営をスタートするのがベストです。

皆で力をあわせ、コロナ禍を乗り切り、

「 あの時はタイヘンだったけど、頑張ってよかったね。」

お互いに、そう言える未来に進みましょう!!